人事からのメッセージ

会社で通用するひとではなく、社会で通用するひとが育つ環境をつくります。

人事担当 
藤井 久仁子
藤井 久仁子

最高のパフォーマンスを
発揮するために。

意思を主張し、行動できるひとが、ディーバにフィットするひとです。息苦しいルールはありません。この会社で実現したいことを、上司や先輩に堂々と伝えてください。そして、まず一生懸命に目の前のことに取り組んで、本当にやりたいことなのか、本当に自分に向いているのかを見極めてください。あなたが最もパフォーマンスを発揮できる機会を探求できる環境がディーバにあります。

会社からの評価に、
満足しないでください。

今、会社より人間の寿命の方が長い社会になっています。そんな社会で活躍し続けるためには、どの会社からも熱望されるひとになる必要があります。つまり、市場価値の高いプロフェッショナルです。ディーバなら、会計やITの高度な専門性をはじめ、コンサルタントとしての問題解決力など経営に欠かせない要素を身につけられます。変化する社会に翻弄されるのではなく、高度な専門性を武器にどう変化を楽しむのか。受け身ではなく、自分から周囲にプラスの影響が与えられるひとを目指してください。

心から社員の幸せを願う
社長がいます。

わたし自身、日系企業や外資系企業で働いた経験があります。その勤務経験から言えることは、会社は経営トップが及ぼす影響が非常に大きいということです。この会社に入社したいと思ったのも、代表の森川との面接のなかで、義務感や上辺ではなく、心から「社員の幸せ」を願う経営者だと感じたからでした。そのような経営者のもと、一人一人が自分の人生を充実させるためにも、成長し続けられる環境をつくり続けていきます。

vision

100年企業の創造

事業活動の結果としての100年企業 社員の豊かさを最大化する、
持続発展可能な企業を創る

企業は、人を豊かにするために存在します。「人」は、お客様だけを指すのではありません。社員も当然のことながら含みます。事業を発展・創造できる組織を目指し、人財にフォーカスした経営を行っています。「100年企業の創造」という言葉に込めた思いを実現するための、ディーバならではの働き方を紹介します。

  • 会計知識も、開発スキルも、不問。

    専門的な知識やスキルは選考段階では必要ありません。内定後と入社後にしっかり学んでいただけるトレーニングをご用意しています。重視するのは、誠意を持ってとことんお客様と向き合い、本質的な目的や目標実現に向けてやりきれる方。そして、“経営情報の大衆化”という使命を一緒に目指してくれる方を探しています。

  • 入社1年目に、数億円のプロジェクトに挑む。

    チャンスを掴むコツは、積極的に発信して、自ら働きかけることです。意志を伝えれば、入社1年目から、売上数十兆円を誇る大手企業の担当になることも不可能ではありません。困難なことに立ち向かって、成長を続けたい人にとっては、やりがいのある職場です。

  • 客先常駐ではなく、非客先常駐勤務。

    ディーバにおけるほとんどのプロジェクトは、非客先常駐。自社内で働くスタイルです。非客先常駐だからこそ複数プロジェクトを担当することができますし、プロジェクトメンバーはもとより、プロジェクトに参画していない先輩にもアドバイスを聞ける環境にあるため、多くの知見を活かした業務品質の向上を図れます。

  • プロジェクトには、チームで臨む。

    ディーバでは、プロジェクトごとにチームが結成されます。そのため、1人で業務を推進することはありません。複数メンバーがそれぞれの視点から多角的に課題を捉え、多くの知恵と知識を集結させることによって、お客様に自信をもって提案できる企画を立案・実行していきます。

  • 育児も仕事も全力を尽くせる環境。

    出産後、育児をしながら復帰するママ社員が増えています。ライフイベントを経て、活躍し続けられる制度の構築、環境整備をこれからも進めていきます。

  • 縛られないワークスタイル。

    ディーバのワークスタイルは、フレックスタイム制(※)。必ずこの時間に出社して、退社するというルールはありません。社会人としての自己管理能力が身についた社員は、子どもを幼稚園に送り出してから出社する、セミナーに参加するために、毎週水曜日は早めに退社するというワークスタイルを実現しています。 ※(コアタイム:11:00〜15:00、一日の標準労働時間8時間)または、1日8時間の固定勤務時間制(配属部署による)