開発 M.T 2015年入社

プログラミング経験よりも大切なこと。

開発

コンサル志望の私が、
プログラマになったワケ。

入社前、実は開発部だけは行きたくないと思ってたんです(笑)。大学で受けたプログラミングの授業で、言語がとにかくわからなくて。でも、内定後のインターンでSQLに初めて触れたとき、書いたものが思い通りに実行されるのがとても面白くて、プログラミングも実は向いているのではと思い始めたんです。大学は建築学科。ものづくりが好きだったこともあり、思いきって挑戦してみようと開発部を志望しました。未経験からのスタートでしたが、社内外研修など、勉強する環境を整えていただけたので自分のペースでキャッチアップしていくことができました。知識や技術ももちろん大切ですが、ものづくりや製品づくりへの情熱のほうが、私は大切だと思います。

要望をどう実現するかより、
お客様にどうハッピーになって
もらうか。

開発部に配属されて最初の仕事は、既存製品の保守開発。お客様のご要望に沿って既存製品を改良・改善していく業務です。私が常に心掛けるようにしていることは、要望をそのまま受け止めるのではなく、「なぜお客様は〇〇できるようにしたいと考えたのだろうか?」と一度立ち止まって考えることです。それは、場合によっては要望をそのまま叶えることがベストな選択ではないかもしれないからです。お客様以上にお客様のことを考える。要望を忠実に実現するというより、どうすればハッピーになってもらえるかを大切にしています。

恩返しは、自分の成長で。

プログラミング未経験でも、やりたいという意志を汲んでくれたディーバ。勉強時間を確保してくれるなど、とてもあたたかく見守っていただきました。ついていくだけで精一杯だった。実際の会計業務を覚えはじめた2年目。そしてこれから、本格的にシステム設計やサービス開発にシフトします。将来は、新製品開発に携わり、より良い業務の形をお客様に提供していきたいです。目標を実現するためにも、会社に恩返しするためにも、まだまだ勉強時間を増やして成長しなければいけないですね。