ソリューション営業 K.I 2009年入社

営業というより、経営パートナー。

ソリューション営業

5000億円企業に、
自分の仮説をぶつける。

弊社のサービスご利用を決めていただくために、お客様の経営課題を適切に掴むことは欠かせません。お客様自身でも気づいていないような本質的な課題を表面化させて、解決の方向性を提示することも営業の重要な仕事です。お客様の多くは日本を代表する大手企業における経営・財務部門の方です。当然ながら提案には十分な準備が必要で、日々勉強です。だからこそ、課題を洗い出し解決策を探るという濃密なコミュニケーションを通して成長を日々実感できます。自分自身で信じる成功ストーリーを社内外の人と協力してカタチにすることで、お客様の経営課題を解決する仕事には、とてもやりがいを感じています。

コンサルティング会社には、
できないことを。

若手の頃、「DivaSystem」の機能を活かしきれていないお客様を担当させていただきました。上場企業は期日までに決算報告をしないと罰則を受けてしまうのですが、その期日に追われて逼迫しているというお話を耳にしました。そこで、営業が中心となって提案チームを作り、業務整理から人員体制の構築など、イチからプランニングの支援をさせていただき、地道に2年間改善を積み重ねた結果、スムーズに業務が進むようになりました。アドバイスをするだけのコンサルティング会社ではできない。システム開発会社だけでもできない。お客様ととことん向き合うディーバだからこそ、発揮できる価値だと思います。

「この企画に、この会社での キャリアをかけている」

財務は経営にまつわる重要分野のため、提案額が数億円になることもあります。あるお客様からは「この会社でのキャリアをかけて、この企画を成功させたい」と言われたこともありました。それほど覚悟を決めて、我々に投資していただいているのだと思い、改めて身が引き締まりました。プレッシャーもありますが、とても光栄なこと。だからこそ、投資額以上の価値をお客様に感じていただくことには徹底的にこだわりたいです。お客様の目標を実現するまで粘り強く一緒に走り続けることが、私にとってのお客様志向です。